風の向くまま気の向くまま


by kimagurekamome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

かささぎがいっぱい♪

韓国を代表する鳥は、何といっても까치(カチ:かささぎ)です。
f0091590_2172112.jpg


日本では、九州の佐賀県の周辺にしか生息していません。
実はバードウォッチングなんて趣味を持っているきまぐれかもめは、初めて韓国に行った時、あちこち飛び回っているカササギを見て感激しました。
f0091590_2164643.jpg


韓国の鳥でもあるカササギは、そこらじゅう、どこにでもいます。
実はカササギはカラスの仲間なのです。
なので、日本のカラス見たいな感じで、街中を飛び回っているのです(実際、生ゴミをあさっている姿も見かけました…)

二羽で仲良く(?)お散歩中。
f0091590_218046.jpg


白と黒のツートンカラーがおしゃれです。
ちなみに、日本にいるオナガよりもひとまわりほど大きめです。
カシャカシャ(聞きようによってはカチカチとも…)という声で鳴きます。
f0091590_2185160.jpg


後姿もりりしい♪
「カラスの濡れ羽色」な風切り羽としっぽがきれい…。
f0091590_2191252.jpg


これがカササギの巣です。
冬枯れの時期に行くと、木の上にこんな丸い塊があるのを良く見かけます。
最初はヤドリギ?って思いました。
でも、実はカササギの巣(笑)
かなり大きいです。
ただし、日本のカラスの巣とは違い、材料は木の枝が中心です(都会のカラスは針金ハンガーで巣を作る…)
f0091590_2194149.jpg


余談ですが。
日本で唯一カササギが生息している、佐賀県の方言ではカササギのことを「カチガラス」といいます。
カチカチ鳴くからカチガラス、といわれていますが、実は韓国語の「カチ」から来ているのではないでしょうか…?
[PR]
by kimagurekamome | 2006-06-14 02:36 | 旅行記(韓国)