風の向くまま気の向くまま


by kimagurekamome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
延々と(しつこく?)紹介し続けた、別府の地獄もいよいよこれでおしまいです。

最後に紹介するのは「血の池地獄」
名前からしておどろおどろしい感じがします。
f0091590_1437738.jpg

由来そのほか…って、いったいきまぐれかもめは何を思っていたのでしょうか、ってツッコミを入れたくなるくらい、日本語の説明の写真がありません(汗)
何のネタにしたかったのか、韓国語版の説明ばかり撮影していたようです。
f0091590_14373097.jpg

とまあ、そんなことはさておき。
この血の池地獄は、その名のとおり、血のような色をした泥が温泉の底に堆積しています。
お湯に含まれる鉄分が酸化して、堆積したものなのですが、色合いが色合いなので、かなり不気味な感じがします。
でも、この真っ赤な泥は、美容や傷の手当に最適なんだとか(笑)
「血の池軟膏」なる、血の池の底に堆積した泥を利用して作ったクリーム(?)が売られていました。
f0091590_14382612.jpg
f0091590_1439547.jpg
f0091590_14402199.jpg

[PR]
# by kimagurekamome | 2009-05-30 14:48 | 旅行記(国内)
今日紹介する地獄は「竜巻地獄」
実はここ、間歇泉(かんけつせん)なのです。
f0091590_004649.jpg


間歇泉とは、↑の説明にあるとおり、一定の時間ごとに勢い良くお湯が噴き出す温泉のことです。
…とゆーことは。
お湯が噴き出していない時は何にも無い~!!
f0091590_013344.jpg


残念ながら、きまかもがここに行った時はお湯が噴き出していないときでした…。
次の噴出時間まで待っている余裕が無かったので、お湯の吹き出し口だけ見ておしまいです(涙)

何も無いので、韓国語の案内板でお茶を濁す。
f0091590_01429.jpg

[PR]
# by kimagurekamome | 2009-05-26 00:08 | 旅行記(国内)
まだまだ続く、別府地獄の話(笑)
今日は別に怖いものは出てきません。

ここは「白池地獄」
f0091590_2174966.jpg

毎度おなじみ、例によって例のとーりで、日本語の案内板の写真はありません(汗)
いったいなんのネタに使おうと思ったのか、韓国語の説明ばかり撮影してしまった、きまかもなのです。
f0091590_2182739.jpg

ここは、以前紹介した海地獄と似たような色合いの温泉が湧きだしています。
でも「白池」というだけあって、若干お湯の色の白みが強いような感じがします。
f0091590_219270.jpg
f0091590_2181226.jpg


…で、ここはこれだけでおしまい(笑)
[PR]
# by kimagurekamome | 2009-05-17 02:26 | 旅行記(国内)
*本日はワニ注意!!*

今日紹介するのは「鬼山地獄」です。
何かおっかない絵が壁にかかれていたりして…(汗)
f0091590_0435058.jpg


鬼山、というだけあって、赤鬼さんがお出迎えです。
f0091590_0443359.jpg


由来そのほか。
例のとーりで、日本語版の撮影を忘れたきまかもでした…。
f0091590_0445553.jpg


この地獄は、お湯のまわりを厳重に金網で囲ってあります。
f0091590_0451748.jpg


その理由はこいつ!
実はこの鬼山地獄、温泉のお湯を利用してワニを飼育しているのでした。
f0091590_0453836.jpg


しかも一匹や二匹ではなく…。

*この先ワニがいっぱいいます!
[PR]
# by kimagurekamome | 2009-05-05 02:32 | 旅行記(国内)
今日の地獄は「かまど地獄」です。
f0091590_13381221.jpg

由来は…(笑)
ここの案内板は、日本語版と外国語版が並んでいたので、ちゃんと日本語案内も写っていました。
f0091590_1338449.jpg

「かまど地獄」というだけあって、大きなお釜オブジェがあったりします。
f0091590_1339187.jpg

ここにはいろいろな温泉が湧きだしていました。
坊主地獄みたいな、熱泥の源泉もあります。
f0091590_13403055.jpg

メインはこの美しい青いお湯の温泉。
海地獄と似た様な色合いの、美しい水でした。
f0091590_1341445.jpg

でも、めちゃくちゃ熱いです(汗)
f0091590_1341135.jpg

でもって、なぜかこのかまど地獄は韓国人観光客に大人気。
この写真に写っている団体さんは、韓国からのお客さんでした。
f0091590_13413259.jpg

雲のあいだから一瞬だけ陽が射し、この世のものとは思えないような幻想的な風景が現れました。
まるで極楽…??
f0091590_1341478.jpg

[PR]
# by kimagurekamome | 2009-04-26 13:50 | 旅行記(国内)
本日も別府地獄のお話。

*今日の記事にはヘビが含まれています*
ヘビが苦手な方はくれぐれもご注意ください(←一応「追記」で開くようには設定してありますが…)

とゆーわけで。
本日紹介するのは「山地獄」
f0091590_1438848.jpg

例によって例のとおり、外国語版の案内だけ撮影して、日本語版の撮影を忘れてしまったきまぐれかもめでした(汗)
f0091590_14372680.jpg

ここにも、一応熱いお湯の温泉はあります。
f0091590_14375566.jpg

だけど、岩の隙間から噴き出す、熱い蒸気のほうが面白かったです。
かなり硫黄臭かった(=硫化水素??)ですけど…(汗)
f0091590_14384334.jpg


で。
この山地獄にはミニ動物園がありました。
温泉の熱を利用した暖房で(?)暖かい地方の動物たちも寒さ知らず…みたいです。

あまりやる気のないクジャク。
f0091590_14391184.jpg

温水ではなく、温泉プールに住んでいるカバ君。
f0091590_16444630.jpg

たぶん、フラミンゴの池の水も温泉だと思います。
f0091590_1645112.jpg

ゾウまでいました(笑)
f0091590_16453195.jpg


でもって、この山地獄動物園には…

*蛇注意! 蛇が苦手な方はご遠慮ください。
[PR]
# by kimagurekamome | 2009-04-21 14:39 | 旅行記(国内)
今日も別府の地獄めぐりの話。

ここは「海地獄」です。
f0091590_1935739.jpg


由来は…(汗)
外国語バージョンの案内板だけ撮影して、日本語版の撮影を忘れたきまぐれかもめでした…。
f0091590_19341244.jpg


神秘的な青いお湯が湧き出す地獄です。
前回の「坊主地獄」はいかにも「地獄」って感じがしましたが、ここは地獄というよりも、極楽の池みたいな感じがします。
別にきまかもは、地獄も極楽も、実際に見たことはないですけど…。
写真の中央に写っているざるは、温泉玉子製造用でした(笑)
f0091590_19344734.jpg


こんなきれいな色のお湯ですが、100度近い熱湯なんですよね~。
でも、「ツ☆ラ日本の名湯」シリーズに、お湯がこんな色になる入浴剤があったような…??
f0091590_19353724.jpg


温泉の熱を利用した温室で、睡蓮が栽培されていました。
f0091590_19364992.jpg



おまけ。
Coffee Breakさんという、フラッシュジグソーパズルを楽しめるサイトがあります。
そこに、この海地獄の写真が採用されました。
f0091590_22181365.jpg


簡単そうに見えて、意外と手ごわかったりします(笑)
お暇なときにでもどうぞ。

ついでに宣伝。
実は以前、だるま君@ダルマインコの写真も採用されたことがあります。
良かったらこちらもご一緒にお楽しみください…。
[PR]
# by kimagurekamome | 2009-04-15 19:36 | 旅行記(国内)
また、国内旅行のネタなど(笑)

先日(といってももう1年以上前になりますが…)きまぐれかもめは大分まで行ってきました。
大分といえば別府温泉。
で、別府名物(?)地獄めぐり。

とゆーわけで、別府温泉の地獄めぐりをしたときの話など。

まずは「坊主地獄」
f0091590_2128358.jpg

由来そのほかは…。
f0091590_21322432.jpg

この、ごぼごぼと噴き出す、熱い泥水が坊主頭と似ています。
f0091590_2131154.jpg

敷地内のいたるところから温泉がわいているので、硫黄のニオイがあたり一面に立ち込めていました。
これって、もしかしなくても硫化水素…???
f0091590_21314656.jpg

昔はここにお寺があったそうですが、噴火によって一晩にして消えうせてしまったそうです。
つくづく自然の力ってすごいです…。
f0091590_2133347.jpg

[PR]
# by kimagurekamome | 2009-04-07 21:39 | 旅行記(国内)

「シュリ」を探せ!

日本で韓流ブームが起こる直前に、話題を呼んだ韓国映画があります。
それは『シュリ』という、哀しいラブストーリーでした。

で。
その映画のタイトルである「シュリ」というのは、実はお魚の名前なのです。
映画の中でも「朝鮮半島のきれいな水にだけすむ魚」というせりふがありましたが…。
実際には映画には登場していません(笑)

シュリという魚はこれ。
f0091590_13574710.jpg



多分この水槽の中にいるお魚ちゃんのうちのどれかがシュリです(汗)
シュリと仲間たち、なんて展示方法の水槽だったので、シュリを探し出せなかったのです…(涙)
f0091590_1358897.jpg

[PR]
# by kimagurekamome | 2009-04-05 14:07 | 旅行記(韓国)

さくらさくら

桜の季節ですね~。

f0091590_35445.jpg

[PR]
# by kimagurekamome | 2009-04-04 03:07 | 日記&ぼやき