風の向くまま気の向くまま


by kimagurekamome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ハン・ソッキュ ( 5 ) タグの人気記事

寂しい話。

南山公園にある動植物園が、老朽化および入場者数の減少のため、閉鎖されたそうです。
今後、建物と噴水を撤去後、城郭を復元するそうです…。

この南山公園はロケ地の宝庫でした。
ここは映画『二重スパイ』でハン・ソッキュとコ・ソヨンが立っていた場所(笑)
確かに古い建物でしたが、それなりに趣のある場所だったので、何だか残念です。
f0091590_321412.jpg

この噴水も、いずれ消えてなくなるのかと思うと、寂しい気分になります。
f0091590_3222227.jpg


少し気がかりなのは、小動物園にいた鳥たちの行き先。
植物園のサボテンたちもどうなるのか気がかりです。
[PR]
by kimagurekamome | 2006-11-06 03:31 | 日記&ぼやき

銀杏の実る頃

韓国にもイチョウ並木があります。

イチョウには雄の木と雌の木があり、当然ながら実(銀杏)がなるのは雌の木です。
なので、最近は植える前に雌雄を調べて、街路樹や公園には雄の木だけを植えるようにしているそうです。
でも、昔は実がなるまで雌雄がわからなかったようです。
なので、昔に植えられた街路樹(結構大きな木に育っている…)には雌の木もところどころ混じっています。
そういったところは、秋になると独特のかぐわしい(?)匂いが漂うのです(笑)
f0091590_2213264.jpg

しかし…。
韓国はそこまでこだわっていないようです。
街路樹でもお構いなしに雌の木を植えています。
なので、秋になると銀杏の実がたわわに…(笑)
f0091590_2194651.jpg

当然の事ながら、道路にはたくさん実が落ちています。
そして、それをあじょっしやあじゅもにが拾い集めるところも日本と同じ(笑)
韓国人も銀杏が大好物なのです。
f0091590_219852.jpg


これは、徳寿宮のなかに植えられていたイチョウの大木。
実はこの木も雌の木。
もちろんぎっしりと銀杏が実っていました。
f0091590_232443.jpg


韓国語でイチョウは「은행나무(ウネンナム)」
そういえば、古い韓国映画で『은행나무침대(ウネンナムチムデ)邦題:銀杏の木のベッド』という、ハン・ソッキュ主演の作品がありました。
[PR]
by kimagurekamome | 2006-11-03 02:43 | 旅行記(韓国)
ここで問題。

卵売りのトラック。
f0091590_3183480.jpg


みかん千ウォン分。
f0091590_3193664.jpg


さて、これらに共通するキーワードは…?

ヒントはきまぐれかもめが好きな俳優(笑)
[PR]
by kimagurekamome | 2006-09-24 03:32 | 旅行記(韓国)

手形はいずこ…?

鐘路近くにある映画館「ピカデリー」

ハン・ソッキュ&チョン・ドヨン主演の名画『接続』のロケ地だったことで有名です(笑)
なぜ「だった」と過去形かというと。
『接続』の撮影に使われた、古い建物は取り壊されて、その後、新しいビルに建て直されてしまったからです。
「ピカデリー」という名前はそのまま残っているものの、『接続』の面影はまったくなし。

ハン・ソッキュが座って、外を眺めていたカフェも、なんかイメージが変わっていました。
それらしい面影はとどめていますけど…。
ちなみに、この店の入口には『接続』のポスターがはられていました。

f0091590_14544293.jpg


で、かなり気になることが1つ。
『接続』にも登場していた、映画館前の広場に飾ってあった、スターの手形はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか…??
改修工事が終わったら、また元に戻されると思っていたのですが、いつまでたっても戻ってくる気配がありません。

大いなる謎です…。
[PR]
by kimagurekamome | 2006-09-02 15:09 | ロケ地めぐり

영화・음란서생

実は私、きまぐれかもめは한석규(ハン・ソッキュ)の大ファン♪
f0091590_22513464.jpg

ハン・ソッキュ主演作品を字幕なしで見たくって、韓国語の勉強を始めてしまった位です(笑)

というわけで、映画『음란서생(淫乱書生)』見に行ってきました…韓国まで。
韓国ではR-18指定にもかかわらず、観客動員数が200万人を突破するほどのヒットを記録しているんだそうです。

で、今日は『음란서생(淫乱書生)』の話を少々。
f0091590_22511772.jpg

まず一言。ハン・ソッキュって韓服が似合う~♪
今まで出演した作品は現代ものが多かったので、初めて見るハン様の両班姿…。
実に様になっていました(笑)

それはさておき。
この作品、『淫乱書生』なんていうきわどいタイトルが付いていますが、実際にそんなにきわどいシーンはありません。
よっぽど『주홍글씨(スカーレットレター)』のほうが大胆なシーン満載でした…。
むしろきわどいのはセリフ…だと思います。
なぜ、「思います」なんてつけたかといいますと…私は韓国語の聞き取りがうまくできないからです(苦笑)
そりゃ、少しはできますが、さすがに映画全編となると少々…。
周りの人がくすくす笑っているのを見て、「何か面白いこと言ってんの~?」てな感じ(苦笑)
男同士でポルノ小説の内容について真剣に語りあう、そんなトコではそれこそ「淫乱な」セリフが飛び出してたんでしょうが…。
f0091590_23175837.jpg


物語は、高級官僚で文章の名手のキム・ウンソ(ハン・ソッキュ)が、ポルノ小説の執筆に夢中になり、そのことが大きな波乱を巻き起こす…そんな感じです。
物語の鍵を握る、王の妾・ジョンビン役のキム・ミンジョン、すごいきれいでした…。

ポスターに使われている、なんともいえないニヤケ顔、いつ出てくるか楽しみにしてたのですが、そこまで出てきませんでした…残念。

f0091590_23261349.jpg

映画館の中にはスチル写真が飾られていたりして…。
[PR]
by kimagurekamome | 2006-03-17 23:31 | 映画