風の向くまま気の向くまま


by kimagurekamome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:仏国寺 ( 5 ) タグの人気記事

散々引き伸ばしてしまいましたが(汗)
慶州の旅、やっと最終回です。

よく考えてみると、慶州に行ったのって、ほぼ一年前の話です(汗汗)
いったい何やってたんだか…。

とゆーわけで、気を取り直して。

行きがけは横目で見ただけの、山門近くの池のほとりを散策しながら帰途へ。
f0091590_1745711.jpg

慶州のバスターミナルまでは、普通の路線バスで行きました。
高速バスの時間までまだ少し余裕があったので、バスターミナル付近を散策。
慶州名物の「慶州パン」を購入(笑)
ミニドラヤキみたいなのと桃山(和菓子)みたいなのと、2つのタイプがありました。
これはミニドラタイプ。
f0091590_175212.jpg

ちょうど旧暦のお正月のころだったので、農楽のグループが門付けしてまわっていました。
ちなみに。
写真の真ん中付近にいる、チマチョゴリ姿の方は…男性です(汗)
f0091590_1755460.jpg

帰りも高速バス(デラックスタイプ)に乗って、寝ている間に釜山まで帰ってきていました。
f0091590_1761376.jpg

当然のことながら、帰ってきたときはもう真っ暗。
新羅のロマンを訪ねた、日帰り小旅行の思い出話でした。
f0091590_1774163.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2010-01-17 17:17 | 旅行記(韓国)
仏国寺の境内には「極楽殿」と言うお堂があります。
f0091590_2295228.jpg

注目するのは「極楽殿」という額の裏側。
f0091590_227455.jpg

よくよく見ると、なにやらあやしげな動物がいます。
f0091590_228813.jpg

実はこれ、金運をもたらすといわれている、黄金の豚。
2007年の亥年(韓国では豚年)は、600年に一度の黄金の豚の年、って言われてました。
この年に生まれた子供は金運に恵まれる、ってことで韓国ではベビーブームだったとか…。
日本のひのえうまの逆バージョンですね(笑)
しかし…。
どう見てもこれってねずみっぽいのですが…(汗)
f0091590_2283973.jpg

金の豚の近くには、彫刻に成りすましているハトがいました(笑)
f0091590_2285878.jpg

極楽殿の近くには、撫で黄金の豚がいます。
これを撫でれば金運アップ間違いなし???
f0091590_2293488.jpg


おまけ。
みょーに立派な門構えなおトイレ(笑)
残念ながら?ここも中身はごくごく普通のトイレでした。
f0091590_2302071.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2009-11-03 02:39 | 旅行記(韓国)
お久しぶりの(汗)慶州紀行の続き。

本堂(大雄殿)前には、大小の石塔が2基あります。
大塔の方は、10ウォン硬貨に描かれていることで有名です。
ですが、残念ながら、きまかもがここを訪れたときは修繕の真っ只中。
足場のまわりに張り巡らされた、養生幕の絵で我慢…。
f0091590_16142188.jpg

ですが、工事用の足場の、さらにその外側には、一般見学者用の足場が組まれていました。
てなわけで、普段だったら絶対に見ることができない、石塔のてっぺん部分を目の前で見ることができました。
f0091590_16145198.jpg

きまかもが見たのはこの部分。
f0091590_1615451.jpg

小塔は普通の状態です(笑)
f0091590_16152152.jpg

大雄殿の裏手には、観音殿というお堂がありました。
そこに行くためには、こんな急な階段(手すりなし)を上るのです(汗)
f0091590_16155466.jpg

真横から見るとこんな急傾斜(汗汗)
こんな急階段を平然と上る、韓国あじゅもに(←み◎もんたに言わせると「お嬢さん」)の足腰の強さには脱帽です。
f0091590_16162616.jpg

ここにたどり着いたときには、きまかもの足はがくがく(涙)
つくづく足腰の弱いタイプ(苦笑)
f0091590_1617164.jpg

韓国のお寺特有の、くすんだ丹青がなんともいえない渋い趣をかもし出していました。
f0091590_16174532.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2009-10-22 16:29 | 旅行記(韓国)
久しぶりの慶州紀行です(汗)

四天王が守っている、山門をくぐってしばらく行くと、韓国旅行のパンフレット等でもおなじみの建物がありました。
現在は地続きになっていますが、新羅時代にはこの仏国寺、池の真ん中に建っていたそうです。
そして、参拝者はこの階段のところまで船で乗り付けていたそうですが…。
f0091590_1554999.jpg

ソウルの景福宮内にある、国立民俗博物館の建物には、この階段を模したものが設置されています。
f0091590_1562673.jpg

現在は文化財保護のため立ち入りは禁止されています。
昔はこの階段を上っていたのでしょうが、かなり急でしかも幅が狭いので、上り下りはかなり怖かったのではないでしょうか…(汗)
f0091590_1571367.jpg

そんな階段を上から見たところ。
写真ではわかりづらいですが、かなり傾斜が急です。
f0091590_1581861.jpg

階段上からの風景。
f0091590_15434859.jpg

仏国寺の大雄殿(本堂)です。
f0091590_15445796.jpg

おまけ。
仏国寺境内にあったおトイレ(笑)
みょーに趣のある外観です。
中身は何の変哲もない、ごくごく普通のトイレでしたが…。
f0091590_157536.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2009-09-06 16:32 | 旅行記(韓国)
石窟庵前から、再び絶叫バスに乗って、山を降りてきたきまぐれかもめが、次に向かったのは仏国寺です。
f0091590_2285736.jpg

もちろんここも世界遺産。
f0091590_2291253.jpg

境内はこんな感じで、かなり広いです。
f0091590_2294144.jpg

山門をくぐると、まず池がありました。
f0091590_2301024.jpg

池にはちょいメタボぎみの鯉が…(笑)
f0091590_2302192.jpg

四天王が守りを固めている、天王門をくぐって境内奥へと進みます。
f0091590_230454.jpg

四天王は、もちろん日本と同じ組み合わせですが、色合いがかなり派手目なのが韓国っぽいです。
f0091590_2305960.jpg
f0091590_2311266.jpg

どの像がどなたなのか、よくわからない(名前を確認するの忘れた…汗)のですが、一応参考までに四天王を紹介しておきます。

北:多聞天(毘沙門天)
南:増長天
東:持国天
西:広目天
[PR]
by kimagurekamome | 2009-07-02 02:50 | 旅行記(韓国)