風の向くまま気の向くまま


by kimagurekamome
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:冬ソナ ( 14 ) タグの人気記事

スミレ

韓国で見つけたスミレたちです。

韓国語でスミレのことは「제비꽃」(チェビッコッ)といいます。
f0091590_214373.jpg

제비とはツバメのこと。
直訳すれば「ツバメ花」
花の形をツバメになぞらえたのでしょうか…。
f0091590_2143510.jpg

余談ですが。
冬ソナの挿入歌に「제비꽃」という歌があります。
[PR]
by kimagurekamome | 2006-06-19 02:23 | 旅行記(韓国)

追記(笑)

長々と続けていた冬ソナロケ地めぐりの話題がやっと終わりました。

しかし…アップしてある写真を良く見ると、何となくおかしいような…?
「真夏に訪れた」なんて書いてあるのに、雪景色の写真が混ざってたりして(笑)

実は、メインに使ってたのは昨年の夏の写真ですが、何枚かその後(冬)に訪れた時の写真も使ってあるのです。
日付入りが夏、日付ナシが冬のものです…。
つまり、きまぐれかもめは、夏と冬と、2回春川まで行ったわけでして…。

ほとんど夏の写真で事足りましたが、冬の時の方が良く撮れてたものは冬景色の写真になっています。
夏に写し忘れた場所も何か所かありましたし…。

ソウル市内編はみんなまとめて夏のものです(笑)

冬のナミソムは行きませんでした。
いかにも「冬ソナの世界」だとは思いますが…何せ寒い!
実はこのとき、きまぐれは薄手のコートを着て、冬の韓国を旅していたのです(苦笑)
真冬でもそこまで寒くならない地域に住んでいるので、どうも「冬の韓国は寒いよ~」っていわれてもピンと来なくって…。
それで、ついつい薄手のコートで旅に出てしまいました(笑)
冬の日は短いし、日が落ちると急激に冷え込むし…なので、ナミソムまで行けませんでした。

まあ、このとき春川を訪れたのは、冬ソナロケ地めぐりが目的ではなくって、別の用事があったのですから…。
今にして思うと、やっぱり、少々寒くても真冬のナミソムまで行くべきだったのかな…と少し後悔してます。

今日の写真は…。
↑で話した、寒い韓国の証拠(笑)
全長50センチはあろうかと言う大ツララ!
f0091590_18375463.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2006-06-05 18:39 | 日記&ぼやき
延々と続いていた(苦笑)冬ソナ紀行もいよいよ最終回です。

南怡島(남이섬・ナミソム)にある、冬ソナロケ地の中でも、一番の名場面が撮影されたのがここです。
一目見れば誰でもわかる(笑)チュンサンとユジンのファーストキスのベンチ!
f0091590_2515439.jpg

本来、こんなところにベンチはなく、撮影用に絵になる場所にベンチを置いて、キスシーンを撮影したんだそうです。
でも…冬ソナの世界を求めて、観光客が殺到したので、冬ソナのワンシーンを再現するため、ここにベンチを設置したようです。
テーブルの上にはもちろん雪だるま(粘土細工)がいて、キスしてます(笑)
もちろんここは冬ソナの聖地でフォトスポット…なので、爆発的ブームの頃は、ここで写真を撮るために行列ができていたんだそうです(苦笑)

ベンチのとなりには謎の雪だるまが…。
もちろんこれも粘土細工です。
f0091590_2521014.jpg

前に行ったときは、雪だるまならぬワラだるま(ワラで雪だるまを作ってあった…)がこの場所にあり、不気味さ全開でした(笑)

雪だるまベンチの奥には、放送部のメンバーがチュンサンとお別れをした桟橋もあります。
ただし、ここは屋根がついてしまったので、撮影当時とするとかなり感じが変わってしまいました。
f0091590_2524559.jpg


雪だるまベンチのまわりは、昔はだだっ広い芝生広場が一面に広がっていました。
冬ソナの中で、チュンサンとユジンが雪だるまを作ったり、雪合戦をしたりしてはしゃぐシーンの撮影に使われたのです…。
しかし、いつの間にかいろんな建物が建ち、ミニトレインの線路がひかれ…てなわけで、今ではかなり狭苦しい広場になってしまったのです。
f0091590_253842.jpg




南怡島からはタクシーで加平駅(가평역・カピョンヨク)まで戻ります。
f0091590_25621100.jpg

加平駅からはソウル市内まで電車で約1時間半…。
f0091590_25708.jpg


見上げた空は、すっかり秋の気配でした…。
f0091590_2574097.jpg





実はきまぐれかもめは、これ以外にも竜平(ヨンピョン)リゾート(スキー場のシーンのロケ地)や、チュアムビーチ(チュンサンとユジンが2人きりで旅した海岸)にも行ったことがあります。
しかし…その当時はまだデジカメを持っていませんでした。
なので、一旦スキャンしてパソコンに取り込まないとアップすることができません。
いつか、겨울연가 촬연소에 가자~!で発表したいとは思っています…。
[PR]
by kimagurekamome | 2006-06-04 03:27 | ロケ地めぐり
知らないうちに、ここの最大容量が増えてた(笑)
今までは30MBしかなかったので、いっぱいになったら、また新しいのを開拓しなきゃ…って思ってたのですが(すでに3分の1ほど使ってた)
6月1日から1GBにアップ。
なので、遠慮なく写真をばしばし貼り付けられます(笑)

それでも話題は、しつこく冬ソナ~。
南怡島(남이섬)編の続きです。

ヨンガカフェの少し先には、例の並木道が…。
ここは説明する必要もないくらい、有名なあの場所です。
タイトルバックの並木道…。
チュンサンとユジンが授業をサボってデートした時や、初雪デートの時など、幾度となく登場しています。
f0091590_153271.jpg


続いて、ユジンが「あなたには友達が必要よ」と言いながら上に登って歩いた枯れ木。
観光客がユジンのまねをして登るのですっかりすりへってしまい、ドラマに登場したときと比べるとかなり短くなってしまっています(笑)
f0091590_153459.jpg


ナミソムには、有名なメタセコイヤ並木だけではなく、あちこちに並木道があります。
ここはイチョウ並木で、秋に来ると鮮やかに黄葉していてとてもきれいです。
訪れたのは夏の終わりでしたが、ほんの少しだけ秋の気配が…。
f0091590_155375.jpg


例のメタセコイヤ並木のそばにはこんな銅像が立っていました(笑)
等身大のチュンサン&ユジン(高校時代)の像です。
f0091590_1551673.jpg


チュンサン。
それなりに似てる?
f0091590_1552951.jpg



ユジン。
…なんだかびみょ~(笑)
f0091590_1554619.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2006-06-02 02:18 | ロケ地めぐり


南怡島(남이섬・ナミソム)へ上陸すると、まず長い並木道が出迎えてくれます。
一瞬、「これは冬ソナのあの並木道?」って思ってしまいますが、例の並木道は島のもっと奥にあります(笑)
以前は、この道と並行して、線路があり、そこをミニトレインが走っていました。
しかし…いつの間にか線路は撤収されて、自転車タクシー専用の道路にされてしまっています。
f0091590_17585774.jpg

並木道をしばらく行くと、これまた冬ソナの聖地である(笑)恋歌の家こと「ヨンガカフェ」があります。
冬ソナの撮影の時に、スタッフルームとして使われていた小屋を改造して、喫茶店兼グッズショップとして営業中です。

f0091590_17591728.jpg

ここもあまりにもロケ地めぐりの客が殺到しすぎたようで、かなり雰囲気が変わってしまいました…。
f0091590_17592827.jpg

最初に行った時(爆発的冬ソナブームの起こる少し前)は、日本語のほとんどわからない店員さんが一人でヒマそうな顔をして店番をしていました。
きまぐれかもめがアヤシいカタコト韓国語で話しかけたら、少しほっとしたような顔をされたりしました…。
しかし、いつの頃からか、流暢な日本語を話す人が店番をするように。
それだけ日本人観光客が殺到した、ってことなんでしょうね…。
この店の隣近所にも、いつの間にかおみやげ店やコンビニなどが増えていました。

店の中には冬ソナのスチル写真がいっぱい(笑)
でも、なぜか「夏の香り」や「オールイン」の写真もあったりします。
f0091590_180191.jpg

でもって。
これまた有名な冬ソナ出演者のサイン。
f0091590_1801285.jpg

ヨン様こと、ペ・ヨンジュンのサインには、熱狂的なファンの落書きがたくさんあります(苦笑)
f0091590_1802563.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2006-05-29 18:00 | ロケ地めぐり
冬ソナツアーはまだまだ続きます(笑)
次の目的地は、これまた冬ソナの聖地である南怡島(님이섬・ナミソム)

春川明洞からタクシー、あるいはバスで春川市外バスターミナルまで出ます。
ここから高速バスに乗り、加平(가평・カピョン)というところまで行きます。
f0091590_1582471.jpg

さらに加平駅前からタクシーに乗り、約15分ほどで目的地の南怡島へ到着!
加平駅前にいるタクシーは、ほとんどが南怡島行きの観光客目当て(笑)
なので、韓国語がよくわからなくても「ナミソム」の一言で大丈夫です。
f0091590_1561235.jpg

南怡島には船で渡ります。
入場券を買い、まずは船着場へ。
少し前までは、屋根しかついていない、吹きさらしの小型船でした。
ドラマの中でも、ほんの一瞬こんな船が登場します。
f0091590_156040.jpg

しかし…あまりにも団体客が殺到しすぎ、小型船では客足をさばききれなくなったようで、いつの間にか大型船が就航していました(苦笑)
f0091590_1554642.jpg

船から見た南怡島全景。
約5分ほどで到着です。
f0091590_156322.jpg

島の入口の門。
以前は緑色で丹青を施した、韓国カラーのデザインだったのですが…。
いつの間にか現代風なデザインに(苦笑)
f0091590_1573089.jpg

こんな立派なオブジェがお出迎え。
f0091590_157137.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2006-05-27 15:28 | ロケ地めぐり
しつこく続く、冬ソナロケ地案内(笑)
今日は春川明洞(춘천명동・チュンチョンミョンドン)の名所をいろいろ紹介します。

まずは明洞通りの入口。
いつの間にか通りは冬ソナ一色になってしまっていました(笑)
f0091590_18441781.jpg

ロケ地案内の看板とか…
f0091590_1835458.jpg

ポラリスのオブジェなんか設置されていました。
f0091590_183672.jpg


で、何といっても目玉は冬ソナツリー!
春川で一番の冬ソナ名所です(笑)
f0091590_18451156.jpg

大晦日の日にチュンサンと待ち合わせをしたユジンが立っていたのが、このツリーの下なんだそうです。
f0091590_18452546.jpg

ツリーの根本には、ペ・ヨンジュン&チェ・ジウの手形がありました。
もちろんここは冬ソナの聖地(笑)
なので、ロケ地めぐりツアーの参加者は、この前で記念撮影をしています。


冬ソナツリーの近くには、ユジンがコーヒーを買いに行った店もありました。
前は、ドラマに出てきたような古ぼけた小さな店があって、「ユジンコーヒー」って言えば、ユジンが買ったのと同じ缶コーヒーを売ってもらえたのですが…。
残念ながら、現在は別の店になってしまいました。
f0091590_18334034.jpg



さらに、近所には「ユジンが酔っ払いにからまれた路地」もあります。
ただし…きれいにペンキが塗られてしまい、撮影当時の面影は全く残っていません(笑)
f0091590_1835490.jpg



春川明洞近くのロータリー。
f0091590_18414881.jpg

ここは、ユジンとの待ち合わせ場所へと急ぐチュンサンが、トラックにはねられた場所です。
さすがにここには「チュンサンの事故現場」なんてロケ地案内の看板はありませんでした(笑)
[PR]
by kimagurekamome | 2006-05-25 20:43 | ロケ地めぐり
まだまだ続く、冬ソナロケ地紀行(笑)
今日は例の(笑)2人で仲良く塀越えしたシーンを撮影した場所の紹介です。

ドラマの中で、春川第一高校という設定になっていた学校はソウル市内にある、ということは以前紹介しました。
しかし、遅刻したチュンサン&ユジンがゴリラ先生に見つからないよう、仲良く塀を越えて学校に忍び込むシーンだけは、なぜか春川で撮影されました。
それがこの春川高校。
何の変哲もない、ごく普通のブロック塀なのですが、ここもまた冬ソナの聖地。
少し前の爆発的な冬ソナブームの頃は、ここにも観光客が殺到していました。
f0091590_255912.jpg


でもって、定番のロケ地案内の看板。
f0091590_2552268.jpg

たくさん(日本人の)観光客が押し寄せてきたので、この塀の周りにはおみやげ屋が営業中。
冬ソナブームが起きる前に行ったときは、撮影場所を示す看板すらなく「本当にここの塀だよね…」って思うくらい閑散としていました。

2人で仲良く塀越えした場所にはいすが置いてあり、塀によじ登って撮影することも可能です。
f0091590_2563075.jpg


ただし…。
この塀の向こうは相当深いです。
本当にこの塀をよじ登って越えたら…間違いなく死にます(笑)
f0091590_34154.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2006-05-15 03:15 | ロケ地めぐり
久しぶりに(苦笑)新しい記事をアップします。
ですが、ネタはしつこく冬ソナ~♪
春川編はまだまだ続きます。

前回紹介した「チュンサンとユジンが初めて会ったバス停」の近くにあるのが、かの有名な「チュンサンハウス」
以前は無料で見学させてくれていましたが、あまりにも日本人観光客が殺到したため、家主がノイローゼ状態になり、入場料を取って中を見学するようになりました。
実はきまぐれかもめは、無料の頃に行ったことがあります(笑)
しかし、その頃はまだデジカメを持っていなかったので写真が…。
そのうち、写真をスキャンしてアップできればと思ってはいますがいつになることやら…。
というわけで、今回はチュンサンハウスの門のみ(笑)
f0091590_361043.jpg

家の前の路地には、日本人観光客を当て込んでこんなおみやげ屋が…。
もっとも、最近は冬ソナブームが去り、売り上げが低迷しているそうです。
f0091590_362673.jpg

さらに、ご近所には「ユジンが駆け下りてきた路地」なんてものも…。
ユジンの実家(のロケ地)はソウル市内にありますが、ドラマの第一話の冒頭に駆け下りてきた路地は春川にありました。
f0091590_364516.jpg

チュンサンハウスの近くの駐車場。
以前はここに大型観光バスがずらりと止まっていました。
春川市はここに「冬ソナ記念館」を建てる予定だったみたいですが、冬ソナバブルがはじけてしまった今となっては…いったいどうなるんでしょうかね?
f0091590_37573.jpg

も一つおまけ。
チュンサンハウスのご近所は…ドラマ「初恋」のロケ地でもありました(笑)
ただし、かなり前の作品なので当時とはかなり風景が変わってしまっています。
f0091590_371852.jpg

[PR]
by kimagurekamome | 2006-05-05 03:26 | ロケ地めぐり
겨울연가 촬연소에 가자~!の第4弾です。
まだまだ春川編が続きます。

前回の記事で「現在は南春川駅までしか電車は行かない」ということを書きました。
というわけで(?)本来の終着駅、春川駅の写真など。
複線化工事が終わり、再び春川駅まで行くようになるのはまだまだ先のことなんだそうです。
そして、その時は多分、春川駅もきれいになって、がらりと感じが変わっているのではないでしょうか…。

終点・춘천(春川:チュンチョン)
f0091590_23181592.jpg


冬ソナでは、キャンプに行く放送部のメンバーがここのホームで待ち合わせをしていました。
f0091590_2318297.jpg

少し遅くなったチュンサンが歩いて来たところ。
f0091590_2319372.jpg

新しい駅はどんな風になるのでしょうか…。


話変わって。
駅前からタクシーに乗り、まず案内されたのがここ。
チュンサンとユジンが初めてであったバス停。
もちろん、ドラマの中で出てきたバス停は、撮影用に設置されたもので、実際にこんなところにバス停はありません
f0091590_23195771.jpg

ここもまた冬ソナの聖地(苦笑)
なので、こんな人形が~!
f0091590_23194564.jpg

ちなみに、ここを訪れたのは真夏の暑い盛り…。
これを見てるだけで暑っ苦しかったです(笑)

ここもまた冬ソナロケ地としてあまりにも有名になりすぎ、周りには日本人観光客相手のおみやげ屋(もちろん売っているのは韓流スターグッズ)が店を開いていました。
[PR]
by kimagurekamome | 2006-04-17 23:38 | ロケ地めぐり